NEWoMan(ニュウマン) SHINJUKUは渋谷区だった!バスターミナル「バスタ新宿」併設 | お役立ち情報~40代オヤジがつぶやきます。

NEWoMan(ニュウマン) SHINJUKUは渋谷区だった!バスターミナル「バスタ新宿」併設

Sponsord Link

NEWoMan SHINJUKU(ニュウマン)は2016年春にオープン。
nowoman
その名はNEWoMan。New(新しい) とWoman(女性)を合わせたもののようです。
それは「すべての新しい女性に、新しい経験と出会う場所」というコンセプトから生まれましたとのこと。
30代から40代女性向けに作られた、今までにはなかった新しい商業施設。

この商業施設はJR東日本が現在各駅で進めている、エキナカ、エキソトの両方を兼ねそろえていて、新宿駅を利用する方はもちろん近所の方にもとても使いやすい店舗展開のようです。
この施設はショップやレストランだけではなく、医療施設や保育園などがテナントとして入ることになっています。

今回この所業施設に入るショップのうち、約8割は新宿エリア初登場です。
そして日本初出店となる店舗も数店舗オープンする。

 ■Oyster Bar wharf(ワーフ)
Oyster Bar wharf
 シンガポール発オイスターバーが日本初上陸
ワーフで取り扱う生牡蠣はどこの産地かは不明ですが、和歌山の勝浦漁港で獲れたマグロは店舗直送の新鮮なものようです。
飲み物は、ワインの他に、日本酒・獺祭やシンガポール原産のタイガービールを生で楽しめるのが特徴になってます。

 ■ROSEMARY’S(ローズマリーズ)
ROSEMARY'S
 イタリアで大人気のイタリアン料理レストランが日本初上陸
ニューヨーク・ウェストビレッジに2010年にオープンして以来、常に1時間待ちは当たり前といわれているトラットリア。
日本の食材(関東近郊)を存分に活かして作るアンティパスティやプリミといったイタリア・トスカーナ料理の数々を味わえるお店となっています。

 ■ジャニス・ウォン
ジャニス・ウォン
 “食べられるアート”と称される斬新スイーツが日本初上陸
シンガポールにて“edible art(食べられるアート)”と自身が表現するスイーツを展開し、2年連続で「アジアのベスト・ペストリー・シェフ」に選ばれて、アジアだけでなく世界中が注目しているパティシエ「Janice Wong(ジャニス・ウォン)」が日本初出店。お酒とともに、斬新なスイーツを堪能できる。

 ■800 ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア
800 ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア
 LA発カスタムピザが日本初上陸
「800ディグリーズ ピザ」は昔ながらのイタリアの伝統を受け継いでいるレストランです。
高品質な食材を使った本格的なナポリピザをカジュアルに食べることができます。

などが日本初の店舗となります。

そして商業施設とは別ですが隣接した場所には
日本一のバスターミナル
「バスタ新宿」が誕生します。
バスタ新宿
新宿駅の周りには19の高速バス乗り場があります。
その乗り場を1カ所に集約した交通ターミナルビルがNEWoMan SHINJUKUと同時期に完成する予定です。
1日のバス発着便数は約1600便にのぼり、日本一のバスターミナルとなり、駅直結で鉄道との乗り換えもスムーズになる。

この新ターミナルは、国道20号の新宿跨線橋(こせんきょう)の南側に新設される。1階部分はJRの線路、2階に改札など駅施設と歩行者広場、3~4階にタクシーやバスの乗り場が設けられる。
 

(Visited 1,184 times, 1 visits today)

Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

お役立ち情報~40代オヤジがつぶやきます。 TOP » お役立ち, グルメ » NEWoMan(ニュウマン) SHINJUKUは渋谷区だった!バスターミナル「バスタ新宿」併設