昭和生まれの夫婦がみなさまのお役に立てるように、頑張って記事を書いてます!

THE THOR(ザ・トール)プラグインはいる?いらない?おすすめを調べてみました

ブログを始めて6年。
やっと有料テンプレートを買いました。

前回、THE THOR(ザ・トール)のテンプレートに変更しプラグインを全部外したら、何とスパムメールがたくさん来るではないですか〜と言う記事を書いたのですが、・・・・・・・・・・・・リンクを貼る

THE THORってプラグインがいらない訳ではなかったのですね!
なので、皆さんがTHE THOR(ザ・トール)にはどのようなプラグインを入れているのか調べてみようと思いました。

と言うのも、私は正直まだワードプレスについて全く詳しくないんですよ!
初心者マーク保持者。
初級者なんです。

では、どうすれば良いのだ?
そーです。
色々と調べました。

ですが・・・皆様の入れているプラグイン・・・結構違う・・・
ただ、ほとんどの方が入れているプラグインもある。20名の方のブログから抽出しました。

では、どのプラグインが多かったのかランキングで発表します。

第1位 Akismet Anti-Spam 19HP

ブログ開設してみたけど、やたらと訳のわからないメールやコメントが届く方はこれ!
自動的に全てのコメントやトラックバックをチェックし、スパムと思われるものを専用フォルダーに振り分けてくれます。
これがないとやたらと英語の訳わからないコメントが届きます。
本当に凄まじい量のコメントが届きます(笑)
https://ja.wordpress.org/plugins/akismet/

第2位 Google XML Sitemaps 18HP

Googleの検索エンジンに自分のサイトをしっかりと認識させたい!という方はこれ
記事の公開や更新をするたびにサイトマップを自動で生成しGoogleの検索エンジンに通知します。
毎回手動でサイトマップを作るのはすごく手間がかかります。
それを手助けしてくれます。
https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

第3位 Classic Editor 14HP

3年ぶりにブログでも更新するか〜!!
何だこのワードプレスは?今までと違うぞ!!
というときに使えるのがこのプラグイン。
2018年にブロックエディタなるものが始動しました。
正式には「Gutenberg」(グーテンベルグ)と言いそうです。
それが今までのクラシックバージョンに慣れていた方はちょっと待った〜という感じだと思います。
なので今までのクラシックバージョンでできるようにするプラグインです。
私は久々だったのですが、元々のやり方を忘れていたので、新しいものに慣れた方が良いと考えこのプラグインは使用していません。
https://ja.wordpress.org/plugins/classic-editor/

第4位 WP Multibyte Patch 13HP

ワードプレスは英語圏で作成されているため、日本語での環境には少し弱いようです。
それをより良い環境にしてくれるのがこのプラグインです。
というものらしいですが、何がだめで、何が良いのかわからない私•••
トラックバックや添付ファイルの文字化け、ピンバック利用時のバグ解消など???
う〜ん・・・
なので!みんなが入れているということで私も入れてみました。
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-multibyte-patch/

第5位 Broken Link Checker 12HP

サイト内の内部リンクと外部リンクを全て監視およびテストをして、リンクが切れていないか確認をしてくれます。
リンク切れがあるとSEO的にも問題があるようです。
このプラグインはそのリンク切れを教えてくれるのですぐに修正することができます。
私もこのプラグインを入れてみたら、5個のリンク切れがありました。
いちご狩りのストロベリーハウスがHPを作り直していました(笑)
https://ja.wordpress.org/plugins/broken-link-checker/

第6位 AddQuicktag 12HP

あらかじめ任意のコードを登録することにより、記事内で簡単にコードを挿入することができるものです。
ただ、私が使用しているのはブロックエディタになるのでこちらのプラグインは使用できません。
(正確には使用できるのですが、クラシックにすると出来るようです)
なので使っていないのでよく分かりません!
※画像下にワードプレスでの注意が示されています。確認をしっかり行いプラグインを入れてください。
https://ja.wordpress.org/plugins/addquicktag/

第7位 Ewww image Optimizer 11HP

みなさま!記事を書く際に画像を使用していると思いますが、これが結構重たくなってきてしまいます。
記事の表示スピードなどにも影響が出るみたいです。
そんな記事に挿入した画像のサイズを圧縮してくれるのがこのプラグインです。
過去に挿入した画像もこのプラグインを入れた後、起動することにより圧縮することが可能です。
枚数が多いとかなり時間がかかるので、まだ導入していない方は早めにチャレンジしてください!
https://ja.wordpress.org/plugins/ewww-image-optimizer/

第8位 Customizer Export/Import 11HP

WordPressのテーマを簡単に切り替えることができるようになります。
テーマの外観は細かい設定などが多いので、すぐに戻したりできるようにバックアップを取ったり、新しいブログのコピーなどに使用することができます。
ただし、テーマによっては使えないものもあるようです。
私はまだ、テーマを変える予定がないので設定していません。
https://ja.wordpress.org/plugins/customizer-export-import/

第9位 UpdraftPlus 9HP

バックアップようプラグインです。
日本ではバックアッププラグインは「BackWPup」というイメージがありますが、こちらの「UpdraftPlus」はワンクリックで簡単にデータのバックアップと復元ができるとても便利なプラグインです。
おすすめ理由は、
1クリックでバックアップと復元ができる。
色々なクラウド先にデータを保存設定できる。
自動バックアップの周期や回数を設定できる。
私も今までは「BackWPup」を使っていましたが「UpdraftPlus」に変更しました。
https://ja.wordpress.org/plugins/updraftplus/

第10位 Rinker 5HP

ブログ、サイトで物販をするなら絶対に導入したいプラグインです。
商品紹介をしているブログでよく見かける、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングのリンクが入ったフォームをサクッと作ることができます。
ただ、このプラグインは他のものと少し違い、ダウンロードは専用のページから行います。
また、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでの登録も事前に行わなくてはなりません。
https://rinker.booth.pm/items/891465

その他たくさんのプラグインの紹介がありましたが、上位10位を検討して入れていけば問題ないかな〜と思います。
ちなみの名前の後ろに○○HPとありますが、20のブログの中でどれだけのページで紹介されていたかを数字で記載しています。
1位のアンチスパム「Akismet Anti-Spam」でも19のページでの紹介になります。1つのページでは紹介されていない訳です。
そのページを書いている方はどんなアンチスパムプラグインを入れているのでしょう?

みなさま!THE THORはなかなか良いテーマですよ!

最新情報をチェックしよう!