エレベーターでのマナー!あなたは知ってますか? | お役立ち情報~40代オヤジがつぶやきます。

エレベーターでのマナー!あなたは知ってますか?

Sponsord Link

エレベーターの中は、ある種特殊な空間です。
エレベーター
赤の他人としばらく密室になるのですから・・・。

そんなときの最低限の常識があります。

とくにオフィスで使うエレベーターでの乗り方、降り方、立ち位置などには注意が必要です。
今回は、エレベーターに乗る前、乗った後、そしてエレベーター内での位置、マナーについて確認しましょう。

エレベータを待つ位置
まず電車でも同じだが降りる人が先になる。
あなたがどんない急いでいても、無理に乗るのではなく降りる人を待つ。

扉の前で待つのではなく降りる人が通れるように道を開けておかなくてはなりません。

これは結構守れていない方が多いです。
降りる方からすると、かなり邪魔になりますので注意してください。

乗り方、降り方
エレベーター利用の優先順位は、電車と同様に降りる人が優先です。
オフィスの場合は乗っている人が降りたら、その後に来客者、目上の方が乗ります。
それ以外のエレベーターの場合は高齢者や子供、乳幼児連れ、女性の順番です。

乗り方
軽く会釈をして「お先にどうぞ」と言いながら、エレベーターホール側の▲▼ボタンを押さえて待ちます。
続けて自分も乗り込みます。

エレベーターに乗った際、操作盤の前に誰もいない時には率先して操作盤前に立ちます。
同乗者の行き先がわかっている場合にはその階を押します。

知らない人の場合には「○階お願いします」とは言いづらい面もありますので、その気持ちを察して「○階ですか?」と声を掛けましょう。

逆に「何階ですか?」と話しかけられたら、遠慮せずに行き先階を伝えましょう。

操作盤の前に立った時の注意点

「閉」「開」のボタンがありますが、人の乗り降りの時「開」ボタンに注意です。
このボタンに関しては、ずっと押していても閉まってしまうエレベーターが存在します。

その場合、急いでエレベーターに飛び乗って来る人がいきなり扉が閉まり、思わぬ事故になる可能性があります。
扉の動く部分を押えることが一番効果的です。

おしゃべり・臭いに気をつける
知り合い、知人とエレベーターに乗る場合は無駄話は控えてください。
ここでの会話はそこにいる方全てに聞こえています。
その場には関係ない内容でも、万が一があるかもしれないので気をつけてください。

降り方
操作ボタンを押してもらったら「ありがとうございます」と必ずお礼を言いましょう。
降りる際にも
「ありがとうございます」
「失礼致します」と会釈を忘れずに。

見ず知らずの人同士も声掛けするだけで雰囲気が一変します。
声を掛け合うことの重要さがよくわかりますよ。

このような状況!
人から結構見られてますよ!

知らないと損する常識でした!

(Visited 500 times, 1 visits today)

Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

お役立ち情報~40代オヤジがつぶやきます。 TOP » ビジネス編 » エレベーターでのマナー!あなたは知ってますか?