もうすぐ母の日!いつも父の日は忘れがち。そこで私が考えた策は…

2015年5月10日(日)は母の日です。

hahatiti

母の日は覚えているのですが、いつも父の日を忘れておりました。

父の日はなぜか影が薄いですよね?
なぜでしょうか?
調べても分かりませんでした。
すみません m(_ _)m

ではみなさん忘れないようにしてください。

父の日は6月の第3日曜日、
今年は6月21日になります。

そもそもですが、母の日と父の日とは何でしょうか?

【母の日とは】
母の日の由来にはいろいろな説があるるようですが、
アメリカが出所とされる説が一般的
3つほど引用いたします。

○知恵蔵2015の解説(出典元の記述の一部を掲載)

1907年、アメリカに住んでいた女性、アンナ・ジャービスが、苦労の末、自分を懸命に育ててくれた母の死を悼み、母親が好きだった白いカーネーションを教会に飾ったのが発端とされている。これをきっかけに、全米に母に感謝する動きが広まり、14年、アメリカ合衆国議会は、5月の第2日曜日を「母の日」と制定。

○ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説(出典元の記述の一部を掲載)

母の愛情に感謝し,その労苦を慰める趣旨の日。5月第2日曜日。 1907年5月 12日アメリカのフィラデルフィアに住むアンナ・ジャービスという女性がウェストバージニアで行なわれた母の追悼式に一箱のカーネーションを捧げたことから始まったといわれ,1914年 W.ウィルソン大統領が祝日に定めた。

○百科事典マイペディアの解説(出典元の記述の一部を掲載)

米国で母に感謝する日と決められている日。5月の第2日曜日。母の愛を感謝して,母ある人は赤,ない人は白いカーネーションを胸につけるのがならわしで,1907年A.ジャービスの提唱に始まるとされる。

すべて母に対する愛情から来てますね!
母親はやはり偉大です。
子供のころから母親とは接する時間も長く、愛情を注いでくれてますからね!
感謝しなくてはなりません。

では影の薄い「父の日とは」
父の日も諸説あるようなので3つほど引用します。

○ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説(出典元の記述の一部を掲載)

父の平常の労苦と愛情に感謝し,子供が父を慰める日。6月第3日曜日。 1910年,アメリカの J.B.ドッド夫人の提唱により始ったもので,年中行事の一つとなった。日本では 50年頃から取入れられ,デパート商戦の材料となり次第に広まってきている。

○知恵蔵2015の解説(出典元の記述の一部を掲載)

父の日の起こりは1909年、アメリカ・ワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット夫人が、「父の日を作ってほしい」と教会に嘆願したのが始まりとされている。ドット夫人の父親は、6人の子どもと妻を残して南北戦争に招集されていたが、その間、妻が働きながら子育てしていた。しかし過労がもとで他界。復員したドット夫人の父親は、再婚もせずに男手一つで子どもたちを育て、6人全員が成人したあとこの世を去った。
ドット夫人は、このような父の苦労をねぎらい、尊敬する日として父の日の確立を望んだが、その背景には、父の日よりも前に確立されていた「母の日」の存在がある。1909年当時、ドット夫人は母の日に倣い、「父に感謝する日もあってしかるべきだ」との考えから、教会に嘆願。7年後、父の日は全米に認知され始め、26年にはナショナル ファーザーズ・デイ コミッティがニューヨークで結成された。そして72年、ドット夫人の父親の誕生月である6月の第3日曜日が「父の日」とされ、国民の休日となった。

○百科事典マイペディアの解説(出典元の記述の一部を掲載)

父の恩に感謝する日。ふつう6月の第3日曜日。米国ワシントン州でJ.B.ドッド夫人が提唱し,1910年州により公定,1920年代以降一般に定着した。

母の日があったからこそ出来た日のようですね!
それなら影が薄くてもしょうがありません。

ですが、父親の私としては出来れば言葉一つでももらえると
「今後のやる気に拍車がかかります」
物など無くても大丈夫です。

一言でいいのです。

「いつもありがとう」

この言葉が欲しいですね!

話は戻りますが、
いつも私は母の日には「いつもありがとう」「体を大事にしてね」と
連絡を入れカーネーションなどをプレゼントしてました。
ですが、父の日は忘れてしまうことがよくありました。

そのため、10年ほど前から父の日を忘れてはいけない、
どうすればよいのかを必死に考えた結果。

母の日と父の日を一緒にしてプレゼントする事にしました。

母の日と父の日で差別をなくすために考えた策!
それは

「夫婦セット」です

「箸」「茶碗」「湯呑み」など毎年違うものをプレゼントするようにしました。

これならどちらを立てることもなく、また消耗品に近いものなので、毎年プレゼントしても喜ばれる。
我ながら良い考えだと思い、10年間続けております。

また、このプレゼント方法には利点がもう一つあります。
それは

母の日を忘れていたとしても、父の日と一緒のプレゼント
ということで後からでも大丈夫です。

特に遠方に住んでいる方などは、通販で購入してギフトとしてプレゼントすることも可能です!
母の日の前は、需要が多いためその日に到着させるには、結構前から予約などをしなくてはなりませんが、この「父の日と一緒」を使うと、6月第3日曜まで期間を延ばせます。

まだ、母の日のプレゼントに悩んでいる方は、私必殺の「夫婦セット」で今年はやってみるのもいいかもしれませんね!

私が今年送ったのはこちらになります。

名入れには約1週間かかります。
名入れの商品は「特別」な感じがしますよね!
母の日、父の日の間に届くのがベストです。

そのほかにも「夫婦セット」はいっぱいあります。
アマゾンでも楽天でも
検索窓で「夫婦セット」と入れて検索していただければ、かなりの数が出てきます。

きっと喜んでもらえますよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる