40代の転職!現実を見ないといけない。でもやる気次第です! | お役立ち情報~40代オヤジがつぶやきます。

40代の転職!現実を見ないといけない。でもやる気次第です!

Sponsord Link

私は40代で無謀な転職をしました。

今まで転職は5回しております。
はっきり言って、どうしようもない男です。
妻の両親には幸せにすると誓い、結婚の承諾をもらいました。

ですが、幸せに出来ているのでしょうか?
そんな疑問が常に付きまとっているのも正直な気持ちです。

12年間勤めた会社に見切りをつけ、新たなフィールドに挑もうとしております。
sgi01a201403012200

今の平均年収を見ると400万円時代と言われておりますが、それはマスコミが面白がっているものかもしれません。
実態がそうなのかもしれません。
これは私にはわかりません。

今の職場では550万円ほどは年収がありました。
正直自慢できる額ではないのは分かっております。
ですが、このままい会社に留まっても未来が無いことは12年間勤めたので分かります。

であれば時間を有効に使い、新たな挑戦をしようと考えました。
それがタクシーの運転手です。

私の父はタクシーの運転手でした。

タクシーの運転手は、私の小学生の作文で書いた「将来なりたい職業」でした。

なぜ?タクシーの運転手

タクシーの運転手って家にいる時間が多いのです!
隔日勤務とといって、1日(20時間)仕事すると次の日は休みです。

考えてみてください。

子供にとって、お父さんが2日に1日は家にいるのです。
うれしいですよね!
よその家庭のお父さんはそんなに家にいないですよね!

そのような子供時代を経験していたので「タクシーの運転手」が大好きでした。

バブル時代ということもあり、給料もそこそこ良かったと思います。
家も建ててくれました!
とても感謝しております。

しかし、大人になり、タクシーの運転手というと、「雲助」などと悲しいよばれ方をしていることに気がつきました。
立派な職業です。

職業に恥ずかしいなどはないと考えております。
だって需要があるから成り立つものです。
なのに、タクシーは最後の職業みたいな扱いをされている悲しい現実。

悔しくてなりまして。
その悔しさを元に、私は「タクシーの運転手」をします。

そして、その偏見を変えて見せます。

今は何を言われても構いませんが、1年後、遅くとも2年後には「ざまーみろ」と言えるようになります。
いや「なってます」!!!

すいません。
自分を奮い立たせるための記事です。

ご了承ください。

(Visited 783 times, 1 visits today)

Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

お役立ち情報~40代オヤジがつぶやきます。 TOP » 人生挽回 » 40代の転職!現実を見ないといけない。でもやる気次第です!